IMG_0405
IMG_0408雨などの悪天候がありましたが、ここまでほぼ順調に工事が進み、基礎のコンクリート打設が完了しました。硬化までの間は養生期間を設けてから型枠を解体する作業に入ります。
2枚目の写真の基礎から伸びている金物は、基礎と土台をきっちり固定するアンカーボルトと呼ばれるものです。これを土台の継手なども考慮しながら、一定間隔で入れています。当然ですが、家が完成してしまうと、全く見えなくなってしまう部分です。こういった部分だからこそ、現場での施工状況の確認や施工図面との照合は絶対に欠かせません。

週明けには、型枠の解体を行い、基礎周辺を埋戻しを行い、土間の鉄筋組及びコンクリート打設を経て、ようやく基礎工事が完了ということになります。基礎工事が終われば、大工工事が始まり、建物が形になっていきます。今後の様子もこちらのブログやフェイスブックツイッターにてお伝えしていいきますので、ご覧いただければ幸いです。

↓お問い合わせはコチラまで↓
logo