住まいにおける冬の悩みといえば、「結露」が挙げられます。

「結露」は、住まいの快適性を損なうだけではなく、住む人や建物にも悪い影響を与えてしまいます。そこで、今回は、結露の原因と対処法について紹介しようと思います。

結露の原因

結露は、暖房を使うこの時期に、室内と室外の温度差で発生するものです。
目には見えませんが、空気中にはある一定の水分が含まれています。その量の目安となるのが「湿度」になります。その空気中に含まれる水分が、水滴となって表れるのが「結露」という現象になります。
目に見える結露の代表例が、窓ガラスに付着した水滴です。窓ガラスは、室外の冷気に直接触れている部分ですので、室内と室外の温度差をダイレクトに受けてしまう部分だからです。
冷房などを使うことで、湿気を室外に放出する夏場と比べても、暖房を使い、寒さ防止から窓を閉め切ることの多いゆえ、空気中の水分の逃げ場が少ないことが要因に挙げられます。
その上、室内で湿気を発生させるものも、夏に比べて多いことも結露を誘発させる要因となっています。

冬場に湿気を発生させる要因

◆ファンヒーターなどの暖房機器
灯油やガスなどを燃焼させる際に、水蒸気が発生します。また、乾燥を防ぐためにストーブの上に乗せている水を入れたヤカンなどからも水分が放出されています。
◆洗濯物の部屋干し
積雪地域などでは特に、室外に干せませんので、洗濯物に含まれる水分が乾きながら放出されています。
◆浴室や台所からの水気
お湯が沸きあがる浴室や台所も大量の水蒸気が発生します。

結露による影響

木材の腐食

柱や床、天井などの構造を支える木材が水分により腐食することで脆くなり、そのまま長期間放置してしまうと、建物の耐震性能にも重大な影響を与えてしまいます。

カビの発生

結露により発生した水滴を放置してしまうと、その部分にカビが発生してしまいます。
カビは、建物だけではなく、住んでいる人間の健康にも影響を与え、病気の原因にもなります。

漏電による火災の原因

コンセントなどに水分が付着することで漏電を引き起こし、それが火災の原因もなりかねません。

結露を防ぐために

結露を防ぐためには、湿度と温度の管理が重要なポイントになります。

換気

室外の冷気を取り込みたくないばかりに、部屋についている換気口を塞いでいることはありませんか?
自然換気口は、室外から空気を取り入れ、換気扇は室内から空気を放出させます。
室外と遮断しがちな冬場は、室内に空気の流れがないことも多く、換気により、空気を入れ替えるだけではなく、室内に空気の流れを作ってあげる、大切な作業になります。

水蒸気を拡散させない

浴室や台所は、水蒸気の発生源です。そこからほかの部屋に拡散させないためにも、浴室では換気扇を、台所ではレンジフードなどを活用して、室外に放出させることで、家全体の水蒸気量を増やさないことが大切です。
また、除湿器を活用することも有効な手段になります。

結露防止シートやフィルムの活用

室外の冷気に直接触れないよう、ホームセンターなどでも販売されているシートやフィルムを窓に貼り付けることで、水滴がつくことを防止するだけではなく、保温効果も期待できます。

以上、紹介してまいりましたが、こうした日々の対策も必要ですが、リフォームを行うことで結露を防ぐ方法もありますので、お悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。ご予算やご希望に合わせたご提案をさせていただきます。

↓お問い合わせはコチラまで↓
logo