北海道などの積雪地域において、住宅と雪の関係は無視することができません。 ただ降り積もる雪を放置することもできず、費用をかけての対策を考えなければならず、家造りの中でも、雪との付き合い方は、ポイントのひとつとなります。 そこで、今回は、雪と屋根について紹介していこうと思います。

三角屋根の場合

雪止め金具

傾斜があるために、一定の雪が積もると、地面に落ちてしまう形状をしていますが、その傾斜の位置によっては、近隣の迷惑となってしまうケースも少なくありません。 一般的な対策としては、屋根に雪止め金具と言われるものを設置することです。 この小さな金具により、雪に引っかかることで、滑り落ちるのを防ぎます。しかし、屋根の上に何メートルもの積雪がある場合には、雪の重みで金具が破損し、役割を果たさないケースもあり、地域特性も考慮する必要があります。

屋根の葺き方

傾斜に対して、垂直方向に葺いているのが縦葺きといわれる屋根になりますが、この場合は、降り積もった雪が一気に落ちてしまうため、上記の雪止め金具などの対策をしないと危険なケースもあります。 一方、傾斜に対して、水平方向に葺いているのが横葺きになります。 こちらも状況に応じて、雪止め金具が必要となりますが、縦葺きと比べて、落雪に際に雪が細かく割れ、一度に落ちる量も少なく、飛距離も短いという特徴もあります。

ストッパールーフ

落雪量が少なく、飛距離の短い横葺きの特徴を生かしながらも、ハゼの形状により雪止めの機能を持たせたのがストッパールーフになります。 勾配のある屋根でも、積もった雪が落ちることなく、屋根の上に留まりますが、屋根の施工に問題があると、雨漏りやツララなどの問題が発生する場合があります。

簡易ダクト

軒先の雪が落ちる部分にダクトを設置し、地面に落ちるのを防ぐだけではなく、止まった雪の水分をダクトで排水してしまう屋根形状です。 後付けのダクトのため、排水管の凍結を防水するために、ダクトヒーターを設置する必要があり、そこに電気代が発生してしまいます。

無落雪屋根の場合

外観上、フラットに見えるこの無落雪屋根ですが、屋根に上ってみると、屋根の中心にダクトがあり、そちらに向かって屋根勾配がされており、落とさずに堆積させることを目的とした形状になります。屋根の上で発生した雪解け水は中心のダクトを通して排水される形になります。 この屋根は、落雪やツララなどが発生しないことが大きな特徴ではありますが、一方で、雪庇(せっぴ)といわれる問題が発生します。屋根の縁に、風の影響で雪が大きくせり出す現象で、大きくなると、落下の危険性が高く、無落雪屋根の場合には、雪庇に対する対策が必要になります。

雪庇カッター

先端に雪庇を落とすヘラがついており、屋根の高さに合わせて、柄の長さが伸縮するタイプもあります。

雪庇防止屋根

風下の屋根部分に、雪庇がせり出さないように壁のようなものを取り付けた屋根のことです。 設置するだけで、ランニングコストはかかりませんし、雪庇カッターで雪下ろしをする必要もありません。 以上、屋根と雪について紹介してまいりましたが、今お住いの家で、雪にお困りのことがございましたら、現地を見させていただいた上で、ご希望に合ったご提案をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。 ↓お問い合わせはコチラまで↓
logo